【農業法人で就農】日本で働くミャンマー人の様子を紹介

2024/07/01

 

日本の農業界は長年、深刻な労働力不足に悩まされています。

その解決策の一つとして注目を集めているのが、海外からの人材です!

特に農業大国であるミャンマーからの若い人材は、即戦力として期待されています。

 

今回は、我々が千葉の農業法人に紹介した2人のミャンマー人の事例を紹介しましょう。

ミャンマー人材が日本の農業にもたらす可能性について、気づきを与えられたら幸いです。

若き農業人材の挑戦

 

 

今回、千葉の農業法人に就職したのは20代前半の男性2人です。

彼らは幼い頃から実家の農業を手伝い、米や豆の栽培に携わってきました!

つまり彼らにとって農業は生活の一部であり、すでに豊富な経験を持っているのです。

 

しかし、なぜ彼らは故郷を離れ、日本で働くことを選んだのでしょうか?

その背景には、ミャンマーの政治情勢があります。

 

軍事政権下で徴兵制度が始まったことで、多くの若者が海外での就労を選択するようになりました。

日本は安全で働きやすい環境として知られており、彼らにとって魅力的な選択肢となったのです。

 

日本での農業に適応

 

 

彼らが就職したのは、千葉でトマトやキュウリなどを路地販売している農業法人です。

日本の農業技術や栽培方法は、ミャンマーとは異なる部分も多いでしょう。

しかし彼らの農業経験と適応力は、新しい環境でも大いに役立つはずです。

 

さらに、彼らは日本語能力試験N3級レベルの日本語力を持っています!

日常会話が可能なため、職場でのコミュニケーションにも大きな支障はないでしょう。

この言語能力は彼らが日本の農業技術を学び、地域社会に溶け込む上で重要な武器となります。

 

外国人材がもたらす農業の活性化

 

 

外国人材を雇用することで、農家側にも大きなメリットがあります。

まず労働力の確保により、耕作面積を拡大できることです!

これは生産量の増加につながり、農家の収益向上に直結します。

 

また若い外国人材が、日々の作業を一生懸命に担当してくれます。

そうすることで、経営者は管理業務により多くの時間を割くことができるのです!

経営戦略の立案や販路の拡大など、農業経営の高度化に注力できます。

 

さらに多様な文化背景を持つ人材が集まることで、新しいアイデアが生まれる可能性もあります!

例えば、ミャンマーの農業技術を取り入れた新しい作物の栽培であったり…

ミャンマーの食文化を反映させた、あらたな商品の開発などが考えられるでしょう。

 

多様性を活かした農業の未来

 

 

今回の事例の農業法人では、すでにタイやインドネシアなど10人以上の外国人材を採用しています。

さらに今後はバランスを考えながら、ミャンマー人の採用を増やす予定とのことです。

 

このように多様な国籍の人材が協力して働く環境は、現代の農業に必要不可欠です!

日本は今後ますます少子高齢化が進み、働き手となる人材はどんどんと少なくなっていきます。

 

ミャンマーの若者たちにとって、日本での就労は外貨の獲得や新しい技術を学ぶ絶好の機会です。

一方で日本の農家にとっても、熱心で経験豊富な労働力を確保できるチャンスでもあります。

 

わが社では今後、こうした外国人材の受け入れをさらに促進していきます。

そして彼らが日本に溶け込めるよう、継続的に支援していく所存です。

こうした努力を重ね、日本の農業を多様性を活かした持続可能な産業へ進化させていきます。

 

最後に

 

我々は特定技能やアルバイトなど、ミャンマー人材を数多く受け入れています。

外国人の雇用は手続きが多くて難しく、管理も複雑で大変です。

また間違ったやり方をした場合、雇用者が罰せられる可能性もあります。

 

外国人の雇用はぜひ、私たちプロにお任せください!

色々な業種に対応可能なので、ぜひ一度ご連絡を。

 

お問い合わせフォーム

    会社名必須

    担当者名必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容必須

    入力された個人情報の取り扱いについて
    プライバシーポリシーに基づき取り扱われることに同意するものとします。

    杉谷 洋二
    代表

    杉谷 洋二

    代表の杉谷洋二です。
    弊社では、特定技能人材の受入・紹介を行っています。
    外国人の雇用は、ぜひ私たちプロにお任せください!

    無料相談はコチラから
    電話:03-6905-6656
    PAGE TOP