経営理念

 
関わる人全ての幸福を追求すると同時に、

人類、社会の進歩発展に貢献すること。

 

 

代表あいさつ

 

 

初めまして、外国人生活支援センター株式会社代表の杉谷洋二と言います。

この度は、当社ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

当社は主に、ミャンマー人の技能実習生・特定技能人材の紹介をしています。

「なぜミャンマーなのか?」「なぜこの事業に取り組もうと思ったのか?」

疑問に思われることがたくさんあると思うので、私のプロフィールから説明しましょう。

 

銀行に就職

 

お金にたずさわる仕事がしたいと思い、大学卒業後は地元の銀行に就職しました。

当時は法人融資や資産運用などの業務を、主に担当していましたね。

 

大学時代に株・会計・経営学の勉強を夢中でしたので、成績は良かったです。

法人営業で色々な社長と面談していく中で、社長の魅力にすごくハマりました。

 

事業を大きく展開していく社長の、イキイキとした表情や人生観にあこがれたのです。

そして30歳までに起業しようと思い、29歳で銀行を退職しました。

 

東京に上京

 

起業するなら日本の中心地が良いと考え、退職後は東京に行きました。

そこで前職の知識を生かした、金融コンサルティングの仕事を行うことになります。

 

しかし当時お付き合いしていた人にだまされて、大損するハメに。

この経験から、自分がどれだけ甘かったかを知ることになります。

 

またお金ばかりを追いかける人生に、自分自身が疲れていたことに気づきました。

そこで「これからは、金融から離れた仕事をしよう」と心に決めます。

 

ミャンマー人との出会い

shake-hands

 

そんなとき、都内で優秀なミャンマー人と出会う機会がありました。

話を聞くと「退職したばかりだが、次の就職先の見つけ方がわからない」とのこと。

 

そこで知り合いの社長にお願いして、その方を採用してもらったのです。

するとそのミャンマー人の方に、すごく喜んでもらえました。

 

またこのようなミャンマー人がたくさんいたので、就職先の紹介を次々に行ったのです。

そうしているうちに、ミャンマー人の就労支援や日本語教育を手掛ける会社ができあがりました。

 

事業の拡大

 

この会社はとても順調に成長し、たずさわるミャンマー人の方も大きく増えました。

そんなとき「特定技能」という、新たな在留資格の制度がスタートしたのです。

参考:在留資格「特定技能ビザ」とは?技能実習制度の概要やメリットなどまとめ

 

「この制度を使えば、もっと多くのミャンマー人の方に仕事を提供できる」と考えた私。

すでに来日しているミャンマー人の就職支援から、さらに事業を拡大することを決めました。

こうして技能実習生・特定技能人材の紹介をメインとする、この会社を設立したのです。

 

関わる人全ての幸福を追求する

 

このように当社は「困っている外国人を助けたい」という思いから、事業をスタートしました。

この事業は仕事を探している外国人だけでなく、受入企業や途上国の貢献にもつながります。

関わる人全ての幸せを大切に、これからも活動していくつもりです。

 

代表取締役 杉谷洋二

 

会社概要

社名 外国人生活支援センター株式会社
住所 〒173-0004 東京都板橋区板橋2-44-10-501
TEL 03-4500-8024
FAX 050-3588-1053
役員 杉谷洋二
代表取締役
田中伸一
取締役/北山ハウス産業株式会社代表取締役
小笠原耕司
取締役/小笠原六川国際総合法律事務所代表弁護士
和﨑健治
取締役/株式会社建和代表取締役
事業 技能実習生受入業務
特定技能人材受入業務
設立 2019年9月