【特定活動】国内ミャンマー人は最大1年の在留と就労が可能に(更新可)

 

ミャンマーでは2021年2月に国軍によるクーデターが発生し、各地で抗議デモが活発化しています。

そのため在留を希望するミャンマー人については、緊急避難措置として在留や就労が可能となりました!

この記事では今回の措置について、くわしく解説しましょう。

 

ミャンマーの現状

 

ミャンマーでは2021年2月に国軍によるクーデターが発生し、各地で抗議デモが活発化しています!

国軍・警察の発砲等による、一般市民の死亡・負傷事案が発生。

デモに参加していない住民に対する暴力等も報告されており、情勢は不透明な状況です。

 

この騒動により、母国に帰りたくても帰れないミャンマー人が日本にはたくさんいます。

しかも彼らの中にはコロナによる失業で、明日を生きるにも困っている人たちがいるのです。

 

在留と就労を認める

 

こうした状況を受け、出入国在留管理庁は緊急避難措置を始めました。

国内にいるミャンマー人が引き続き在留を希望する場合、6か月か1年間の在留と就労が許可されます

在留資格は一人ひとり個別に活動内容を指定する「特定活動」で、情勢次第で更新も可能です。

 

また難民申請を手続き中の人については、審査を優先して進めてもらえるとのこと。

そして仮に難民と認められなくても、上記と同じように在留と就労が許可されます。

 

特定活動ビザの詳細

 

対象者

 

・ミャンマー国籍を有する、またはミャンマーに常居所を有する外国籍の方

・ミャンマーにおける情勢不安を理由に、本邦への在留を希望する方

 

特定活動(6か月・就労可)

 

・現在有している在留資格に基づく活動が満了した方

(雇用契約が満了した方、技能実習を修了した方、学校を卒業した方など)

 

【必要書類】

1, 在留資格変更許可申請書 http://www.moj.go.jp/isa/content/930004088.pdf

2, パスポートの写しやパスポートの出入国印など、上記の対象者であることが分かる資料

3, 理由書 http://www.moj.go.jp/isa/content/001349366.docx

 

特定活動(1年・就労可)

 

特定産業分野(介護・農業等の14分野)での就労を希望する方

参考:特定技能の外国人が働ける14業種・職種まとめ!転職はできる?

 

【必要書類】

1, 申込書

2, 受入れ機関が作成した説明書

3, 雇用契約に関する書面(雇用契約書,雇用条件書の写し)

4, 受入れ機関が作成した賃金の支払に関する書面

 

以下2つは技能実習からの変更申請の場合のみ

5, 従前の監理団体等が作成した技能実習生の現況に関する説明書

6, 参考様式(受入れ困難に係る報告書)

 

特定活動(6か月・週28時間以内の就労可)

 

・自分の責任で在留期間を満了できなかった方

(留学で来日したが学校に通わなくなった、技能実習生で来日したが逃げたなど)

 

【必要書類】

ケースにより異なるので、出入国在留管理庁に確認

 

無料で転職活動を支援します

shake-hands

 

私たち外国人生活支援センターでは、無料で在日ミャンマー人の就職活動を支援してします!

ミャンマー人スタッフによる専用電話相談窓口も設置しているので、ぜひご活用ください。

日本語が話せなくても、英語とミャンマー語で対応することが可能です。

 

外国人専用電話相談窓口

 

電話番号:03-6915-5833

受付時間:9~18時(月~金)

対応言語:英語・ミャンマー語

 

人材不足で困っている事業者へ

 

最後に、今回のコロナで人手不足におちいっている事業者さんへ。

私たち外国人生活支援センターは豊富な人材を紹介できるので、ぜひお問い合わせください!

 

人材を紹介して終わりではなく、その後も様々なサポートを継続して行います。

受入企業だけでなく、外国人就労者へのサポートも24時間体制で万全です。

 

弊社について、くわしくは以下のリンクをご覧ください。

参考:外国人生活支援センター

参考:会社案内

 

外国人を雇用したい方へ

弊社では、「特定技能」の受入・紹介を行っています。

外国人の雇用は手続きが多くて難しく、管理も複雑で大変です。

また間違ったやり方をした場合、雇用者が罰せられる可能性もあります。

外国人の雇用はぜひ、私たちプロにお任せください!

 

お問い合わせフォーム

    必須会社名
    必須担当者名
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須メッセージ